アーティチョーク【季節を彩るハーブ図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

アーティチョーク

江戸時代にオランダから観賞用として日本に伝わったとされる植物で、アーティチョークの若いつぼみを食材として、イタリアンやフレンチ料理によく用いられている。

 

学 名
Cynara Scolymus
キナラ・スコリムス
科 名
キク科
属 名
チョウセンアザミ属
英 名
Artichoke
アーティチョーク
和 名
朝鮮薊
ちょうせんあざみ
別 名
由 来
アーティチョークについては不明。

朝鮮薊は、この植物が日本に伝わった江戸時代のころは、「朝鮮」を「外来のもの」と意味し、花姿が「薊(あざみ)」に似ていたことに由来するため、「朝鮮王国」とは関係がない。

ギリシャ神話
エーゲ海のZinari(ジナリ)という小島で暮らしていた美少女 キナーラは、その島を訪れたギリシャ神話の主神ゼウスに見初められ、ゼウスが住むオリンポスへ行いったものの、次第に故郷にいる家族が恋しくなり、ゼウスに黙って故郷へ戻ってしまった。

それを知ったゼウスは怒り、キナーラをアーティチョークの姿に変えられてしまったのだとか。

 

 

園芸分類
耐寒性宿根草
品 種
用 途
食用
薬用
花壇
庭木
切り花
効 能
強肝
利尿
消化促進
胆汁分泌促進
コレステロール低下
開花期
6 ~ 9月
花 色
草 丈
150 ~ 200cm
原産地
ヨーロッパ
地中海沿岸など
花言葉
独立
厳格
警告
独立独歩
傷つく恋
そばにおいて
誕生花
5/4
6/4
6/23
8/20
9/28

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.