アキレア【季節を彩るハーブ図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

アキレア

鋸(のこぎり)の歯のような深く裂けたギザギザの葉をつけた茎先に、白やピンクなどの小さな花がたくさん集まって咲く草花で、古くから食用や薬用ハーブとしてよく利用されている。

 

学 名
Achillea Millefolium
アキレア・ ミリフォリア
科 名
キク科
属 名
ノコギリソウ属
英 名
Yarrow
ヤロウ
和 名
西洋鋸草
せいようのこぎりそう
別 名
羽衣草
はごろもそう
由 来
アキレスは、古代ギリシャの英雄アキレスが、トロイ戦争で負傷した兵士たちの止血、治療に用いたとされる伝説に由来する。鋸草は、深く裂けたギザギザの葉が、鋸(のこぎり)の歯に似ていることに由来する。
ギリシャ神話
古代ギリシャの英雄アキレスが、トロイ戦争で負傷した兵士たちの止血、治療に用いたのだとか。

 

園芸分類
耐寒性宿根草
品 種
● Achillea Millefolium ′Cassis′
アキレア・ミレフォリウム・カシス

● Yellow Yarrow
イエロー・ヤロウ
など
用 途
ハーブ
花壇
プランター
切り花
効 能
発汗
利尿
抗菌
止血
抗炎症
開花期
6 ~ 9月
花 色
草 丈
10 〜 100cm
原産地
ヨーロッパ中西部
アジア西部など
花言葉
戦い
勇敢
治療
真心
悲嘆を慰める
誕生花
5/7
5/14
7/12
7/21
8/2
8/14
11/16
11/17
11/26

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.