アスフォデル【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

アスフォデル

房状に白い花を咲かせ、球根の粉末は非常に強力な眠り薬「生ける屍の水薬」の原料とされている。

 

学 名
Asphodelus Ramosus
アスフォデルス・ラモーサス
科 名
ツルボラン科
属 名
アスフォデリン属
英 名
Asphobel
アスフォデル
和 名
花蔓穂蘭
はなつるぼらん
別 名
● King’s Spear
キングズ・スピアー
● 荒地雛百合
あれちひなゆり
● 蔓穂蘭
つるぼらん
由 来
アスフォデル、冥界へと向かう場所に咲く花で、決して枯れることのない不死身のアスフォデロス(asphodelos)に由来する。
ギリシャ神話
冥界へと向かう場所に咲く花で、決して枯れることのない「不死の花」とされたのだとか。

 

園芸分類
耐寒性多年草
品 種
用 途
プランター
効 能
開花期
5 ~ 8月
花 色
草 丈
50 ~ 150cm
原産地
南ヨーロッパ
地中海沿岸など
花言葉
慎ましさ
私は君のもの
生涯信じます
誕生花
7/11
7/25
11/6

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.