アラマンダ【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

アラマンダ

蔓(つる)を伸ばし、ラッパ形の大輪の花を咲かせる。樹液に毒性があり、触れた手で目を触ると激しい痛みや腫れたりする可能性があるので、取扱いに注意が必要。

 

学 名
Allamanda Neriifolia
アラマンダ・ネリフォリア
科 名
キョウチクトウ科
属 名
アリアケカズラ属
英 名
Allamanda
アラマンダ
和 名
有明葛
ありあけかずら
別 名
由 来
アラマンダは、スイスの植物学者 フレデリック・ルイ・アラマン(Frederic Louis Allamand)の名前に由来する。
神 話

 

園芸分類
非耐寒性常緑低木
品 種
● Allamanda Cathartica ‘Hendersonii’
アラマンダ・カタルティカ・ヘンダーソニー
● Allamanda Violacea
アラマンダ・ビオラセア
など
用 途
花壇
ハンギング
効 能
開花期
5 ~ 10月
花 色
樹 高
60 〜 150cm
原産地
ブラジルなど
花言葉
楽しい追憶
隠された美
永遠の幸せ
恋に落ちる前
誕生花
8/13

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.