白粉花【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

白粉花 おしろいばな

らっぱ状の花を夕方から咲かせ、朝方に花を閉じる習性をもつ花。

 

学 名
Mirabilis Jalapa
ミラビリス・ヤラッパ
科 名
オシロイバナ科
属 名
ブーゲンビリア属
英 名
Four O’clock
フォー・オクロック
和 名
別 名
夕化粧
ゆうげしょう
由 来
白粉花は、俵形の皮が黒くて硬い種を指でつぶすと、中に詰まった真っ白な胚乳(はいにゅう)が真っ白な粉状で、江戸時代に白粉として使われていたことに由来する。
神 話

 

園芸分類
非耐寒性宿根草
春まき一年草
(多年草ではあるが高温多湿の環境に弱いため、一年草として扱われていることが多い)
品 種
● 二重白粉花
ふたえおしろいばな
● 長花白粉花
ながばなおしろいばな
など
用 途
花壇
庭植え
プランター
切り花
効 能
開花期
7 ~ 10月
花 色

 

草 丈
50 ~ 100cm
原産地
南アフリカ
ペルーなど
花言葉
臆病
遠慮
恥じらい
私は恋を疑う
しなやかな愛情
誕生花
7/28
8/1
8/2
8/5
8/7
8/23
9/30

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.