女郎花【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

女郎花 おみなえし

小さな黄色い花を傘状に咲かせる秋の七草のひとつとして昔からなじみ深い植物。

干した根は、毒消しや利尿の薬効があるとされることから、漢方薬としても利用されている。

 

学 名
Patrinia Scabiosifolia
パトリニア・スカビオーシフォリア
科 名
スイカズラ科
属 名
オミナエシ属
英 名
Golden Lace
ゴールデン・レース
和 名
別 名
● 粟花
あわばな
● 血目草
ちめぐさ
● 敗醤
はいしょう
由 来
女郎花は、美女も圧倒する美しさという意味の「おみな圧し」に由来する。

または、黄色い小花を女性が食べていた「粟飯(あわめし)」の色に似ていたことから、「女飯(おんなめし)」が転訛したことに由来する、花の姿が「女性」を連想させることに由来するなど諸説ある。

神 話

 

園芸分類
耐寒性宿根草
品 種
用 途
薬用
花壇
庭植え
プランター
切り花
効 能
解熱
消炎
腹痛
下痢
利尿
開花期
8 ~ 10月
花 色

 

草 丈
60 ~ 120cm
原産地
日本
中国
朝鮮半島など
花言葉
美人
親切
忍耐
永久
はかない恋
約束を守る
誕生花
7/23
8/16
9/4
9/5
9/9
9/11
9/19
10/6
10/9
10/22
10/25

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.