ビグノニア【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

ビグノニア

カレーに似た香りのする、ラッパ状の橙黄い花を咲かせる。

 

学 名
Bignonia Capreolata
ビグノニア・カプレオラタ
科 名
ノウゼンカズラ科
属 名
ビグノニア属
英 名
Curry Vine
カレー・バイン
和 名
釣鐘葛
つりがねかずら
別 名
由 来
属名のビグノニアは、フランス国王 ルイ14世の司書で植物学者 「Abbe Jean Paul Bignon(アッベ・ジャン・ポール・ビグノン)」の名前に由来する。

カレーバインは、花色や香りがカレーに似ていることに由来する。

神 話

 

園芸分類
半耐寒性常緑つる性木本
品 種
用 途
花壇
プランター
効 能
開花期
5 ~ 7月
花 色
つる長
5 〜 10m
原産地
北アメリカ東南部
花言葉
私を見て
濃厚な愛
誕生花

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.