ブルーポピー【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

ブルーポピー

ヒマラヤ地方の標高3000m付近に自生し、高地で短期間しか咲かない花として知られ「幻の花」と呼ばれる。

 

学 名
Meconopsis Betonicifolia
メコノプシス・ベトニキフォリア
科 名
ケシ科
属 名
メコノプシス属
英 名
Blue Poppy
ブルー・ポピー
和 名
青い芥子
あおいけし
別 名
幻の花
まぼろしのはな
由 来
ポピーは、幼児をよく寝かせるために、催眠作用のあるケシの汁をお粥(かゆ)に加えていたことから、ラテン語で「粥(かゆ)」を意味する「papa(パパ)」に由来する。
神 話

 

園芸分類
耐寒性多年草
品 種
用 途
プランター
効 能
開花期
6 ~ 7月
花 色
草 丈
50 ~ 100cm
原産地
チベット
ミャンマー
中国など
花言葉
憩い
神秘的
深い魅力
果てない魅力をたたえる
誕生花
7/7
7/26

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.