蓮【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

蓮 はす

古くから仏教のシンボルとして、様々な絵画などに描かれている花。

蓮(ハス)の地下茎が肥大したものが、「蓮根(れんこん)」として食用に使われている。

 

学 名
Nelumbo Nucifera
ネルムボ・ヌキフェラ
科 名
ハス科
属 名
ハス属
英 名
Lotus
ロータス
和 名
別 名
● 水芙蓉
すいふよう
● 蓮華
れんげ
● 蓮
はちす
由 来
蓮は、蜂の巣状の花托(かたく / 花びら・めしべなどをつける部分)に果実が実ることから「蓮(はちす)」と呼ばれていたものが転化したことに由来する。
神 話
ヒンドゥー教の神話やヴェーダ、プラーナ聖典などにおいて、蓮は特徴的なシンボルとしてよく登場する花。

 

園芸分類
耐寒性水生宿根草
品 種
● 黄花蓮
きばなはす
● 大賀蓮
おおがはす
● 清月蓮
せいげつれん
など
用 途
食用
ハーブ
花壇
プランター
切り花
効 能
殺菌
止血
鎮静
下痢
歯痛
口内炎
扁桃炎
肌荒れ
切り傷
擦り傷
疲労回復
滋養強壮
便秘改善
開花期
6 ~ 8月
花 色
草 丈
70 ~ 200cm
原産地
インド
中国
オーストラリア
日本など
花言葉
神聖
離れゆく愛
清らかな心
誕生花
4/18
7/3
7/8
7/16
8/15
9/26

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.