杜若【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

杜若 かきつばた

水辺や湿地に生息する、菖蒲(あやめ)に似た花を咲かせる。

 

学 名
Iris Laevigata
イリス・レヴィガータ
科 名
アヤメ科
属 名
アヤメ属
英 名
Water Iris
ウォーター・イリス
和 名
別 名
● 燕子花
かきつばた
● 貌佳草
かおよぐさ
● 顔佳花
かおよばな
由 来
杜若は、布に花の汁をこすりつけて染めたことから「書き付け花」と呼んでいたものが転じたことに由来する。
ギリシャ神話
最高神 ゼウスの侍女だったイリス(アイリス)が、ゼウスからの求愛から逃れるため、ゼウスの妻 ヘラにお願いをして、3滴の神の酒をかけてもらい「虹の女神」に姿を変えてもらったのだとか。

 

園芸分類
耐寒性宿根草
品 種
● 舞孔雀
まいくじゃく
● 孔雀の羽
くじゃくのはね
● 折鶴
おりづる
など
用 途
庭植え
プランター
効 能
開花期
5 ~ 6月
花 色
草 丈
70 ~ 90cm
原産地
日本
東アジア
ロシア東部など
花言葉
幸運
雄弁
贈り物
幸運が必ず来る
誕生花
4/17
4/29
5/10
5/13
5/14
6/10
6/20
7/3

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.