狐の孫【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

狐の孫 きつねのまご

夏から秋にかけて、道端や草地、土手など身近な場所で見られる、淡い紅紫色の花穂を咲かせる野草。

 

学 名
Justicia Procumbens
ジャスティシア・プロクムベンス
科 名
キツネノマゴ科
属 名
キツネノマゴ属
英 名
Rat Tall Willow
ラット・トォール・ウィロー
和 名
別 名
● 神楽草
かぐらそう
● 目薬花
めぐすりばな
由 来
狐の孫は、花穂の形を孫狐のしっぽに見立てたことに由来する。
神 話

 

園芸分類
半耐寒性一年草
品 種
用 途
薬用
プランター
効 能
開花期
8 ~ 10月
花 色
草 丈
10 ~ 40cm
原産地
日本
中国
朝鮮半島
インドシナ
マレーシア
インドなど
花言葉
可憐美の極致
この上なくあなたは愛らしく可愛い
誕生花
2/12

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.