キャットウイスカー【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

キャットウイスカー

花弁の間から長く伸びた、白く長いおしべとめしべが特徴的な熱帯植物。

奈良時代に薬用として日本に伝わり、葉には利尿作用やむくみを解消する成分が含まれるとされることから、ジャワティーやクミスクチン茶といったハーブティーなどに利用されている。

 

学 名
Orthosiphon Stamineus Bentham
オルトシフォン・スタミネウス・ベンサム
科 名
シソ科
属 名
オルトシフォン属
英 名
Cat Whiskers
キャット・ウイスカー
和 名
猫髭 ねこひげ
別 名
由 来
キャットウイスカーは、花弁の間から長く伸びた、白く長いおしべとめしべが「猫の髭(ひげ)」を連想させることから、インドネシア語で「髭」を意味する「Kumis(クミス)」と「猫」を意味する「Kuching(クチン)」 に由来する。
神 話

 

園芸分類
非耐寒性多年草
品 種
用 途
薬用
ハーブ
花壇
プランター
効 能
利尿作用
むくみ解消
開花期
6 ~ 10月
花 色
草 丈
40 ~ 60cm
原産地
フィリピン
インド
マレーシアなど
花言葉
貢献
進歩
楽しい家庭
誕生花
9/6
9/16
9/27

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.