クランベリー【季節を彩る果樹図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

クランベリー

果実は非常に酸味が強く、生食には向かないが、ジュースやジャムなどに加工して利用されている。

 

学 名
Vaccinium Microcarpom
ウァッキニウム・マイクロカープム
科 名
ツツジ科
属 名
スノキ属
英 名
Cranberry クランベリー
和 名
蔓苔桃
つるこけもも
別 名
由 来
クランベリーは、蕾の形が鶴(crane クレイン)の頭に似ていることに由来する。
神 話

 

園芸分類
耐寒性つる性低木
品 種
● Vaccinium Macrocarpon ‘Early Black’
ウァッキニウム・マイクロカープム・アーリー・ブラック
● Vaccinium Vitis-idaea ‘Red Candy’
ウァッキニウム・ヴィティス・アイデア・レッド・キャンディー
など
用 途
食用
庭木
果樹
プランター
効 能
むくみ
虫歯予防
美白効果
開花期
6 ~ 7月
花 色
つる長
2 ~ 3m
原産地
北ヨーロッパ
北アジアなど
花言葉
天真爛漫
心を癒す
心痛を慰める
誕生花
10/18

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.