河骨【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

河骨 こうほね

浅い池や沼に自生し、水中から花茎を伸ばし黄色い花を1輪咲かせる水生植物。

 

学 名
Nuphar Japonicums
ヌファー・ジャポニカム
科 名
スイレン科
属 名
コウホネ属
英 名
Cow Lily
カウ・リリー
和 名
別 名
河骨
かわほね
由 来
河骨は、川などに自生し、水中にある根茎が白くゴツゴツと骨のように見えることに由来する。
神 話

 

園芸分類
耐寒性多年草
品 種
● 姫河骨
ひめこうほね
● 小倉河骨
おぐらこうほね
● 根室河骨
ねむろこうほね
● 尾瀬河骨
おぜこうほね
● 紅河骨
べにこうほね
など
用 途
池植え
効 能
開花期
6 ~ 9月
花 色
草 丈
10 ~ 30cm
原産地
日本
台湾
朝鮮半島など
花言葉
崇高
その恋は危険
秘められた愛情
誕生花
7/5
7/10
8/6
8/8

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.