マリーゴールド【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

マリーゴールド

絹を思わせる光沢のあるデージーに似た花を咲かせ、太陽に当たると花を開き、くもりや日が沈むと花が閉じる性質を持つ花。

 

学 名
Dimorphotheca Sinuata
ディモルフォセカ・シヌアータ
科 名
キク科
属 名
ディモルフォセカ属
英 名
Marigold
マリーゴールド
和 名
阿弗利加金盞花
あふりかきんせんか
別 名
● Dimorphotheca
ディモルフォセカ
● Osteospermum
オステオスペルム
由 来
マリーゴールドは、春から冬にかけて年10回くらいある「聖母マリアの祭日」に、いつもマリーゴールドの花が咲いていたことから、「聖母マリアの黄金の花」という意味で呼ばれるようになったことに由来する。
ギリシャ神話
水の妖精 クリスティは太陽神 アポロンに恋をしたが、彼にはレウトコエ王女という恋人がいた。

2人の関係に嫉妬したクリスティは、レウトコエの父に2人の関係を告げ口し、それに激怒したレウトコエの父は娘を生き埋めにしてしまった。

それを知ったクリスティは自分の行いを恥じて、地面に座り込み、ただずっとアポロンの姿を眺めているうちに、マリーゴールドの花に姿を変えていたのだとか。

 

園芸分類
半耐寒性宿根草
秋まき一年草
(多年草ではあるが高温多湿の環境に弱いため、一年草として扱われていることが多い)
品 種
● African Marigold ‘White Vanilla’
アフリカン・マリーゴールド・ホワイト・バニラ
● French Marigold ‘Orange Boy’
フレンチ・マリーゴールド・オレンジ・ボーイ
● French Marigold ‘Harmony’
フレンチ・マリーゴールド・ハーモニー
● French Marigold ‘Little Hero Fire’
フレンチ・マリーゴールド・リトル・ヒーロー・ファイアー
● Lemmon Marigold
レモン・マリーゴールド
など
用 途
ハーブ
花壇
庭植え
プランター
寄せ植え
ハンギング
切り花
効 能
発汗
利尿
湿疹
火傷
肌荒れ
日焼け
軽い傷
開花期
5 ~ 7月
花 色
草 丈
30 ~ 80cm
原産地
メキシコ
南アフリカなど
花言葉
誠実
嫉妬
絶望
変わらぬ愛
明るい未来
ためらう恋
ほのかな喜び
予言
真心
健康
誕生花
1/12
2/8
2/9
2/13
3/26
4/22
5/5
6/2
6/5
7/18
8/3
8/24
9/14
9/15
10/16
10/27
11/7

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.