南天【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

南天 なんてん

細く硬い茎に尖った葉を広げ、枝先に小さな白い花を無数にまとまって咲かせ、秋には赤い実を穂状に上向きにつける。

乾燥した成熟果実には、オ-メチルドメスチシンを多く含まれているため、せき止め効果の高い生薬として、のど飴などに用いられる。

 

学 名
Nandina Domestica
ナンディナ・ドメスティカ
科 名
メギ科
属 名
ナンテン属
英 名
Nandina
ナンディナ
和 名
別 名
● 南天燭
なんてんしゅく
● 南天竹
なんてんちく
由 来
南天は、漢名の「南天竹(ナン ティエンヂゥー)」を音読みしたことに由来し、その名前が「難を転じて福となす」に通じることから、厄を払う縁起木として屋敷内の鬼門の方向や手洗の近くなどによく植えられている。
神 話

 

園芸分類
耐寒性常緑低木
品 種
● お多福南天
おたふくなんてん
● 錦糸南天
きんしなんてん
など
用 途
薬用
庭木
プランター
切り花
効 能
消炎
鎮咳
湿疹
扁桃炎
かぶれ
二日酔い
気管支喘息
開花期
6 ~ 7月
花 色
樹 高
2 ~ 3m
原産地
日本
中国など
花言葉
福をなす
よい家庭
ますます愛する
誕生花
1/19
11/25
12/5
12/8
12/27
12/29
12/31

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.