サポナリア【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

サポナリア

葉は水に浸して揉むと泡立つことから、昔は石鹸の代わりに利用されていた。

 

学 名
Saponaria Officinalis
サポナリア・オフィシナリス
科 名
ナデシコ科
属 名
サポナリア属
英 名
Saponaria
サポナリア
和 名
石鹸草
しゃぼんそう
別 名
● Soap Wort
ソープ・ワート
● サボン草
さぼんそう
由 来
サポナリアは、葉は水に浸して揉むと泡立つことから、ラテン語で「石鹸(せっけん)」を意味する「sapo(サポ)」に由来する。
神 話

 

園芸分類
耐寒性宿根草
品 種
● Saponaria Officinalis ‘Rosea Plena’
サポナリア・オフィシナリス・ロゼア・プレナ
● Saponaria Officinalis ‘Rubra Plena’
サポナリア・オフィシナリス・ルブラ・プレナ
など
用 途
薬用
花壇
プランター
洗剤
石鹸
効 能
去痰
鎮咳
慢性皮膚病
開花期
4 ~ 8月
花 色
草 丈
30 ~ 60cm
原産地
ヨーロッパ
西アジアなど
花言葉
清廉
優しさ
賢明な行動
友の思い出
誕生花
7/30
8/24

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.