吸葛【季節を彩る花図鑑】


野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

吸葛 すいかずら

つる状の茎の先に、芳香のある細長い筒状の先端が、大きく上下に裂けた花を咲かせる。

 

学 名
Lonicera Japonica
ロニセラ・ジャポニカ
科 名
スイカズラ科
属 名
スイカズラ属
英 名
Japanese Honeysuckle
ジャパニーズ・ハニーサックル
和 名
別 名
● 忍冬
にんどう
● 金銀花
きんぎんか
由 来
吸葛は、子供たちが花を口にくわえて甘い蜜を吸って遊んだことに由来する。
神 話

 

園芸分類
耐寒性つる性落葉低木
品 種
● Lonicera Japonica ‘Mint Crisp’(Honeysuckle)
ロニセラ・ジャポニカ・ミント・クリスプ(ハニーサックル)
● 木立忍冬 きだちにんどう
など
用 途
庭木
生垣
プランター
効 能
利尿
消炎
抗菌
抗炎
解熱
開花期
5 ~ 6月
花 色
つる長
30 ~ 100cm
原産地
日本
中国
台湾など
花言葉
友愛
小粋
愛の絆
献身的な愛
誕生花
5/3
5/8
5/29
6/3
6/8
6/12
6/15
6/17
6/22
6/30

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.