タラゴン【季節を彩るハーブ図鑑】

野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

タラゴン

アニスに似た甘い香りのある若葉は、肉や魚、卵、トマト料理などの風味づけとして利用されている、フランス料理の定番ハーブ。

 

学 名
Artemisia Dracunculus 
アルテミシア・ドラコンディア
科 名
キク科
属 名
ヨモギ属
英 名
Tarragon
タラゴン
和 名
別 名
● Estragon
エストラゴン
● French Tarragon
フレンチ・タラゴン
由 来
タラゴンは、根の部分が、ヘビがトグロを巻いている様にみえることから、フランス語で「小さな竜」を意味する「Estragon(エストラゴン)」が転訛したことに由来する。
神 話

 

園芸分類
耐寒性多年草
品 種
● French Tarragon
フレンチ・タラゴン
● Russian Tarragon
ロシアン・タラゴン
など
用 途
食用
薬用
ハーブ
プランター 
入浴剤
効 能
健胃
強壮
食欲増進
消化促進
リュウマチ
開花期
5 ~ 7月
花 色
草 丈
50 ~ 100cm
原産地
ロシア南部
中央アジアなど
花言葉
潔癖
不変の好奇心
誕生花
11/20

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
Please look again if you like.