ユーフォルビア【花図鑑】


さぁ、はじめよう!!

野原や花屋さんなどで見かけるポピュラー花からあまり見かけない珍しい花まで、四季折々を彩る草花や樹木の花などの情報をまとめたものです。

 

 

ユーフォルビア

へら状の緑鮮やかな葉を互い違いに生やし、春に緑黄色の杯(さかずき)状の花を咲かせる。

花の形と葉や幹を傷つけると白い乳液を出てくる。これには毒性を含んでおり、皮膚につくとかぶれることがあるので注意が必要。

 

 

 

学名Euphorbiaceae Euphorbia
ユーフォルビアシエ・ユーフォルビア
科名
属名
トウダイグサ科
ユーフォルビア属
原産地東アジア
ヨーロッパ
メキシコなど
英名Euphorbia ユーフォルビア
和名灯台草 とうだいぐさ
別名
由来ユーフォルビアは、ローマ時代の古代王国マウレタニアの王ユバのギリシャ人医者 エウポルボス(Euphorbos)に由来する。

灯台草とは、葉の形が昔の灯台に似ていることに由来する。

神話

 

 

 

園芸分類耐寒性常緑多年草
耐寒性一年草
(多年草ではあるが高温多湿の環境に弱いため、一年草として扱われていることが多い)
品種Euphorbia Polychroma
ユーフォルビア・ポリクロマ
Euphorbia Characias
ユーフォルビア・キャラシアス
Euphorbia Corollata
ユーフォルビア・コロラータ
など
用途花壇
プランター
寄せ植え
効能
開花期4 ~ 7月-
花色
草丈20 ~ 100cm
花言葉地味
思慕
尊敬
協力を得る
君にまた会いたい
明るく照らして
誕生花5/18、8/26

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは、see you next time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA